研究業績

I 著書

  1. 田中千晶: 実践水中運動, 108-121, 北川薫(編)健康運動プログラムの基礎 陸上運動と水中運動からの科学的アプロ-チ, 市村出版, 2005
  2. 田中千晶: 小児の発育・発達と健康, 35-54, 藤沢良知ら, 小児栄養・実習, 家政教育社, 2007
  3. 田中千晶: 骨づくりとカルシウム摂取, 69-83, 樋口満(編)新版 コンデイショニングのスポーツ栄養学, 市村出版, 2007
  4. 田中千晶: 骨密度と栄養・運動の関係, 74-76, 財団法人 日本体育協会, 樋口満(監修・著), こばたてるみ, 木村典代, 青野博(編・著)「小・中学生のスポーツ栄養ガイド」-スポーツ食育プログラム-, 女子栄養大学出版部, 2010
  5. 田中千晶, 田中茂穂: 子どもの身体活動の特徴, 40-45, 竹中晃二(編),アクティブ・チャイルド 60 min -子どもの身体活動ガイドライン-, サンライフ企画, 2010
  6. 田中千晶:泳ぐ, 154-160, 北川薫(編)機能解剖とバイオメカニクス, 文光堂, 2011
  7. 田中千晶:調整力・柔軟性の発達と加齢変化・トレーニング効果, 134-144, 高石昌弘(監修),樋口満,佐竹隆(編著)からだの発達と加齢の科学, 大修館書店, 2012
  8. 田中千晶: 第1章 有酸素性運動の基礎知識, 2-21, 第2章 アクアエクササイズの歴史と運動特性, 24-51, 深代泰子(編著)AQWBI・AQWI・AQDBI・AQDIのためのアクアエクササイズ指導理論, 公益社団法人 日本フィットネス協会, 2014
  9. 田中千晶:第2章 身体活動・座位行動の規定要因 2−2 座位行動の規定要因, 35-42, 熊谷秋三, 田中茂穂, 藤井宣晴 (編集) 身体活動・座位行動の科学―疫学・分子生物学から探る健康, 杏林書院, 2016
  10. 田中千晶: 基礎から学ぶ発育発達のための身体活動~元気な子どもを育む確かな根拠~, 1-192, 杏林書院, 2019

Ⅱ 学術雑誌

以下、1~9件目は、旧姓:山村

  1. 北川薫, 山村千晶, 高見京太, 田嶌之貴: 早朝練習の生理学的検討 -高校柔道部員について-, 体育科学, 24, 41-46 (1996) (査読あり)
  2. 山村千晶, 高見京太, 田嶌之貴, 北川薫: 高校生男女柔道部員における早朝練習時の生理学的効果, 東海保健体育科学, 18, 51-57 (1996) (査読あり)
  3. Yamamura C., Zushi S., Takata K., Ishiko T., Matsui N., Kitagawa K.: Physiological characteristics of well-trained synchronized swimmers in relation to performance scores, Int. J. Sports Med., 20, 246-251 (1999) (査読あり)
  4. 山村千晶, 塚嶋洋子, 松井信夫, 北川薫: 中年女子レクリエーション泳者のシンクロナイズド・スイミング時の生理学的応答, 体力科学, 49, 103-110 (2000) (査読あり)
  5. Yamamura C., Matsui N., Kitagawa K.: Physiological loads in the team technical and free routines of synchronized swimmers, Med. Sci. Sports Exerc., 32, 1171-1174 (2000) (査読あり)
  6. 山村千晶, 本間三和子, 田中京, 上田千穂子, 錦織由紀: ジュニアシンクロナイズド・スイミング選手の体力に関する横断的研究, 水泳水中運動科学, 3, 1-5 (2000) (査読なし)
  7. 山村千晶, 柏﨑浩: 早朝空腹時安静代謝量の変動要因:公表された個人別測定値の再検討より, 栄養学雑誌, 60, 75-83(2002) (査読あり)
  8. Yamamura C., Tanaka S., Futami J., Oka J., Ishikawa-Takata K., Kashiwazaki H.: Activity diary method for prediction of energy expenditure as evaluated by a whole-body indirect human calorimeter, J. Nutr. Sci. Vitaminol., 49, 262-269 (2003) (査読あり)
  9. 二見順,田中茂穂,山村千晶,岡純,髙田和子,柏﨑浩:ヒューマンカロリメーターによるエネルギー消費量測定―精度評価と精度向上のための問題点の検討―,日本栄養・食糧学会誌, 56, 229-236 (2003) (査読あり)
  10. 田中茂穂, 田中千晶, 二見順, 岡純, 髙田和子, 柏﨑浩: ヒューマンカロリメーターを用いて測定した座位中心の生活における1日あたりのエネルギー消費量, 日本栄養・食糧学会誌, 56, 291-296 (2003) (査読あり)
  11. Tanaka C., Murata M., Homma M., Kawahara T.: Reference charts of body proportion for Japanese girls and boys, Ann. Hum. Biol., 31, 681-689 (2004) (査読あり)
  12. 田中千晶, 本間三和子, 川原貴, 村田光範: 小学生シンクロナイズドスイミング競技者における身長およびプロポーションの特徴, 水泳水中運動科学, 7, 35-40 (2004) (査読あり)
  13. 田中千晶, 飯田忠行, 俵紀行, 村田光範, 高松潤二, 本間三和子, 川原貴: 発育期の女子シンクロナイズドスイミング競技者における骨密度の特徴―日常の身体活動量および栄養素摂取量との関連について―, 体力科学, 55, 165-173 (2006) (査読あり)
  14. 田中千晶, 吉田裕人, 天野秀紀, 熊谷修, 藤原佳典, 土屋由美子, 新開省二: 地域高齢者における身体活動量と身体、心理、社会的要因との関連, 日本公衆衛生雑誌, 53, 671-680 (2006) (査読あり)
  15. Tanaka C., Tanaka S., Kawahara J., Midorikawa T.: Triaxial accelerometer for assessment of physical activity in young children, Obesity, 15, 1233-1241 (2007) (査読あり)
  16. 田中千晶, 田中茂穂, 河原純子, 緑川泰史: 一軸加速度計を用いた幼児の身体活動量の評価精度, 体力科学, 56, 489-499 (2007) (査読あり)
  17. 田中千晶, 田中茂穂: 幼稚園および保育所に通う日本人幼児における日常の身体活動量の比較, 体力科学, 58, 123-129 (2009) (査読あり)
  18. Tanaka C., Tanaka S.:Daily physical activity in Japanese preschool children evaluated by triaxial accelerometry: relationship between period of engagement in moderate-to-vigorous physical activity and daily step counts, J. Physiol. Anthropol., 28, 283-288 (2009) (査読あり)
  19. 河原純子, 田中千晶, 田中茂穂: 三次元加速度計を用いた幼児の肺換気量の推定, 大気環境学会誌, 45, 235-245 (2010) (査読あり)
  20. 田中千晶, 田中茂穂: 勤労者における身体活動支援環境に関する研究, 健康医科学 -研究助成論文集-, 26, 58-67 (2011) (査読あり)
  21. Kawahara J., Tanaka S., Tanaka C., Hikihara Y., Aoki Y., Yonemoto J.: Estimation of the respiratory ventilation rate of preschool children in daily life using accelerometers. J Air Waste Manag Assoc., 61, 46–54 (2011) (査読あり)
  22. 田中千晶, 田中茂穂, 安藤貴史: 日本人幼児における日常の身体活動量と生活環境の関係, 発育発達研究, 51, 37-45 (2011) (査読あり)
  23. 桜井良太, 藤原佳典, 金憲経, 齋藤京子, 深谷太郎, 安永正史, 野中久美子, 小林和成, 小川貴志子, 吉田裕人, 田中千晶, 内田勇人, 鈴木克彦, 渡辺修一郎,新開省二:温泉施設を用いた複合的介入プログラムの有効性に関する研究―無作為化比較試験による検討―, 日本老年医学雑誌, 48, 352-360 (2011) (査読あり)
  24. Kawahara J, Tanaka S, Tanaka C, Aoki Y, Yonemoto J.: Estimation of daily inhalation rate in preschool children using a tri-axial accelerometer: a pilot study. Science of the Total Environment, 409, 3073-3077 (2011) (査読あり)
  25. Kaneda K, Ohgi Y, Tanaka C.: Gender Differences in Metabolic Responses during Water Walking. International Journal of Aquatic Research and Education, 5, 421-431 (2011) (査読あり)
  26. Tanaka C, Hikihara Y, Ohkawara K, Tanaka S.: Locomotive and non-locomotive activity as determined by triaxial accelerometry and physical fitness in Japanese preschool children. Pediatr. Exerc. Sci., 24, 420-434 (2012) (査読あり)
  27. Kawahara J, Tanaka S, Tanaka C, Aoki Y, Yonemoto J.: Daily inhalation rate and time-activity/location pattern in Japanese preschool children. Risk Anal.,32, 1595-1604 (2012) (査読あり)
  28. 田中千晶, 田中茂穂:日本人勤労者の日常の身体活動量における歩・走行以外の身体活動の寄与. 体力科学, 61,435-441 (2012)(査読あり)
  29. 田中千晶, 藤原佳典, 安永正史, 桜井良太, 斎藤京子, 金憲経, 深谷太郎, 野中久美子, 小林和成, 吉田裕人, 内田勇人, 新開省二, 渡辺修一郎: 複合健康増進プログラムが地域在住高齢者の日常的な身体活動量へ与える影響―無作為化比較試験による検討―. 日本老年医学会雑誌, 49, 372-374 (2012)(査読あり)
  30. 桜井良太,藤原佳典,深谷太郎,齋藤京子,安永正史,鈴木宏幸,野中久美子,金憲経,金美芝,田中千晶,西川武志,内田勇人,新開省二,渡辺修一郎: 運動に対する充足感が高齢者および高齢者の運動介入効果に与える影響―運動充足感と身体活動量からの検討―. 日本公衆衛生雑誌, 59, 743-753(2012)(査読あり)
  31. Sakurai R, Fujiwara Y, Saito K, Fukaya T, Kim MJ, Yasunaga M, Kim H, Ogawa K, Tanaka C, Tsunoda N, Muraki E, Suzuki K, Shinkai S, Watanabe S.: Effects of a comprehensive intervention program, including hot bathing, on overweight adults: A randomized controlled trial. Geriatr Gerontol Int. 13, 638-645 (2013)(査読あり)
  32. 田中千晶, 田中茂穂:3次元加速度計で評価する身体活動量におけるepoch lengthの役割、および肥満との関係. 体力科学, 62,71-78(2013)(査読あり)
  33. 田中千晶, 田中茂穂: 幼児における身体活動の客観的評価と主観的評価との関係. 発育発達研究, 58, 18-24 (2013) (査読あり)
  34. Tanaka C, Tanaka S.: Objectively-measured physical activity and body weight in Japanese preschoolers. Ann Hum Biol. 40, 541-546 (2013) (査読あり)
  35. Tanaka C, Fujiwara Y, Sakurai R, Fukaya T, Yasunaga M, Tanaka S.: Locomotive and non-locomotive activities evaluated with a triaxial accelerometer in adults and elderly individuals. Aging Clin Exp Res. 25, 637-643 (2013) (査読あり)
  36. Kaneda K, Ohgi Y, Tanaka C, Burkett B.:  The development of an estimation model for energy expenditure during water walking by acceleration and walking speed. J Sci Med Sport, 17, 96-101 (2014) (査読あり)
  37. Hikihara Y, Tanaka C, Oshima Y, Ohkawara K, Ishikawa-Takata K, Tanaka S.: Prediction models discriminating between nonlocomotive and locomotive activities in children using a triaxial accelerometer with a gravity-removal physical activity classification algorithm. PLoS One. 2014 Apr 22;9(4):e94940. (2014) (査読あり)
  38. 田中千晶, 引原有輝, 安藤貴史, 大河原一憲, 薄井澄誉子, 佐々木玲子, 田中茂穂:関東圏在住幼児の体力・運動能力と就学前の保育・教育施設内および施設外における運動・スポーツの実施状況や日常の身体活動量に関する横断的研究. 体力科学, 63, 323-331(2014)(査読あり)
  39. Tanaka C, Reilly JJ, Huang WY.: Longitudinal changes in objectively measured sedentary behavior and their relationship with adiposity in children and adolescents: systematic review and evidence appraisal. Obes Rev. 15, 791-803 (2014) (査読あり)
  40. 田中千晶, 田中茂穂, 井上茂, 宮地元彦, John J Reilly: 子どもおよび青少年の身体活動を促進するための”Active Healthy Kids Report Card”. 運動疫学研究. 17, 37-42 (2015) (査読あり)
  41. 田中真紀,田中千晶,北川薫: 中年齢女子レクリエーション泳者を対象としたシンクロナイズドスイミングにおける水深の違いによる運動形態の違いが与える生理学的応答への影響. 体力科学. 64, 357-365(2015)(査読あり)
  42. 田中千晶, 安藤貴史, 引原有輝, 田中茂穂:幼児の外遊び時間と日常の中高強度活動との関係および身体活動量の変動要因. 体力科学. 64, 443-451(2015)(査読あり)
  43. 長谷部雅美,小池高史,野中久美子,深谷太郎,李暻娥,村山幸子,渡邊麗子,植木章三,吉田裕人,松本真澄,川崎千恵,二瓶美里,田中千晶,亀井智子,渡辺修一郎,藤原佳典:一人暮らし高齢者における見守りセンサーを用いた在宅生活支援に関する検討-高齢者への健康調査と地域ケア機関への利用実態調査より-. 老年社会科学. 38, 66-77(2016)(査読あり)
  44. Tanaka C, Reilly JJ, Tanaka M, Tanaka S.: Seasonal changes in objectively measured sedentary behavior and physical activity in Japanese primary school children. BMC Public Health. 16, 969,(2016) (査読あり)
  45. Tanaka C, Tanaka S, Inoue S, Miyachi M, Suzuki K, Reilly JJ.: Results from the Japan 2016 report card on physical activity for children and youth. J Phys Act Health. 13(11 Suppl 2), S189-S194 (2016) (査読あり)
  46. Tremblay MS, Barnes JD, González SA, Katzmarzyk PT, Onywera VO, Reilly JJ, Tomkinson GR, Global Matrix 2.0 Research Team.: Global Matrix 2.0: Report Card Grades on the Physical Activity of Children and Youth Comparing 38 Countries. J Phys Act Health. 13(11 Suppl 2), S343-S366 (2016) (査読あり)
  47. Midorikawa T, Tanaka S, Ando T, Tanaka C, Masayuki K, Ohta M, Torii S, Sakamoto S.: Is There a Chronic Elevation in Organ-Tissue Sleeping Metabolic Rate in Very Fit Runners? Nutrients 8, 196 (2016)(査読あり)
  48. 青山知子,田中茂穂,田中真紀,奥田昌之, 井上茂, 田中千晶: 出生時体重および乳幼児期の運動発達と児童期の身体活動量との関係.発育発達研究, 74, 9-18 (2017)(査読あり)
  49. 小野はるか,田中千晶,田中茂穂,小関俊祐: 幼児自身の運動に対する認知的評価に関連する要因. 運動疫学研究, 19, 1-11 (2017)(査読あり)
  50. 田中千晶,引原有輝,佐々木玲子,安藤貴史,仲 立貴,薄井澄誉子,田中茂穂: 幼児の基本的動作様式の質的評価とその量的な運動パフォーマンスとの関係.発育発達研究, 76, 8-15 (2017)(査読あり)
  51. Tanaka C, Tanaka M, Okuda M, Inoue S, Aoyama T, Tanaka S.: Association between objectively evaluated physical activity and sedentary behavior and screen time in primary school children. BMC Res Notes. 10,175 (2017)(査読あり)
  52. Tanaka C, Kyan A, Takakura M, Olds T, Schranz N, Tanaka M, Tanaka S.: The Validity of the Japanese version of physical activity  questions in the WHO Health Behaviour in School-aged Children (HBSC) survey. Japanese Association of Exercise Epidemiology. 19, 93-101 (2017) (査読あり)
  53. 城所哲宏,田中千晶,田中茂穂,宮地元彦,井上茂,安部孝文,鈴木宏哉: 子ども・青少年における質問紙を用いた身体活動評価法に関する世界的な動向. 運動疫学研究, 20, 26-36 (2018) (査読あり)
  54. Suzuki I, Okuda M, Tanaka M, Inoue S, Tanaka S, Tanaka C: Variability in school children’s activity occurs in the recess and before-school periods. Pediatr Int. 60, 727-734 (2018)(査読あり)
  55. 田中千晶,安部孝文,岡田真平,田中茂穂,奥田昌之: 児童・生徒における身体活動関連指標の47都道府県間の比較-”REPORT CARD ON PHYSICAL ACTIVITY FOR CHILDREN AND YOUTH”に基づく国際指標を用いた検討-. 運動疫学研究, 20, 37-48 (2018) (査読あり)
  56. Tanaka C, Reilly JJ, Tanaka M, Tanaka S: Changes in Weight, Sedentary Behaviour and Physical Activity during the School Year and Summer Vacation. Int. J. Environ. Res. Public Health. 15, 915 (2018) (査読あり)
  57. Tanaka C, Janssen X, Pearce M, Parkinson K, Basterfield L, Adamson A, Reilly JJ: Bidirectional associations between adiposity, sedentary behavior and physical activity: a longitudinal study in children. J Phys Act Health, 7, 1-9 (2018)(査読あり)
  58. Tanaka C, Tanaka M, Tanaka S: Objectively evaluated physical activity and sedentary time in primary school children by gender, grade and types of physical education lessons. BMC Public Health. 18, 948 (2018)(査読あり)
  59. Aoyama T, Tanaka S, Tanaka M, Okuda M, Inoue S, Tanaka C: Association between age at onset of independent walking and objectively measured sedentary behavior is mediated by moderate-to-vigorous physical activity in primary school children. PLoS One, 13(9):e0204030(2018)(査読あり)
  60. Tanaka C, Okuda M, Tanaka M, Inoue S, Tanaka S: Associations of physical activity and sedentary time in primary school children with their parental behaviors and supports. Int J Environ Res Public Health. 15, pii: E1995 ( 2018)(査読あり)
  61. Aubert S, Barnes JD, Abdeta C, Nader PA, Adeniyi AF, Aguilar-Farias N, Tenesaca DSA, Bhawra J, Brazo-Sayavera J, Cardon G, Chang CK, Delisle Nyström C, Demetriou Y, Draper CE, Edwards L, Emeljanovas A, Gába A, Galaviz KI, González SA, Herrera-Cuenca M, Huang WY, Ibrahim IAE, Jürimäe J, Kämppi K, Katapally TR, Katewongsa P, Katzmarzyk PT, Khan A, Korcz A, Kim YS, Lambert E, Lee EY, Löf M, Loney T, López-Taylor J, Liu Y, Makaza D, Manyanga T, Mileva B, Morrison SA, Mota J, Nyawornota VK, Ocansey R, Reilly JJ, Roman-Viñas B, Silva DAS, Saonuam P, Scriven J, Seghers J, Schranz N, Skovgaard T, Smith M, Standage M, Starc G, Stratton G, Subedi N, Takken T, Tammelin T, Tanaka C, Thivel D, Tladi D, Tyler R, Uddin R, Williams A, Wong SHS, Wu CL, Zembura P, Tremblay MS. Global Matrix 3.0 Physical Activity Report Card grades for children and youth: results and analysis from 49 countries. J Phys Act Health. 15(S2), S251-S273 (2018)(査読あり)
  62. Aubert S, Barnes JD, Aguilar-Farias N, Cardon G, Chang CK, Delisle Nyström C, Demetriou Y, Edwards L, Emeljanovas A, Gába A, Huang WY, Ibrahim IAE, Jürimäe J, Katzmarzyk PT, Korcz A, Kim YS, Lee EY, Löf M, Loney T, Morrison SA, Mota J, Reilly JJ, Roman-Viñas B, Schranz N, Scriven J, Seghers J, Skovgaard T, Smith M, Standage M, Starc G, Stratton G, Takken T, Tammelin T, Tanaka C, Thivel D, Tyler R, Williams A, Wong SHS, Zembura P, Tremblay MS. Report Card grades on the physical activity of children and youth comparing 30 Very High Human Development Index countries. J Phys Act Health. 15(S2), S298-S314(2018) (査読あり) 
  63. Tanaka C, Tanaka S, Inoue S, Miyachi M, Suzuki K, Abe T, Reilly JJ.: Results From Japan’s 2018 Report Card on Physical Activity for Children and Youth. J Phys Act Health. 15(S2):S375-S376 (2018)(査読なし)
  64. Tanaka C, Tanaka S, Inoue S, Miyachi M, Suzuki K, Abe T, Reilly JJ.: Results From Japan’s 2018 Report Card on Physical Activity for Children and Youth. J Exercise Science & Fitness. 17(1), 20-25(2019)(査読あり)
  65. Tanaka C, Hikihara Y, Ando T, Oshima Y, Usui C, Ohgi Y, Kaneda K, Tanaka S: Prediction of Physical Activity Intensity with Accelerometry in Young Children. Int J Environ Res Public Health. 16(6), pii: E931 (2019) (査読あり)
  66. 田中千晶,安藤貴史,薄井澄誉子,引原有輝,佐々木玲子,稲山貴代,田中茂穂 : 幼児の就学前施設内における外遊び,室内遊びおよび運動指導時の身体活動量. 体力科学, 68, 207-213 (2019) (査読あり)
  67. 田中千晶 : リズム水泳時のエネルギー消費量. トレーニング科学, 印刷中, (2019) (査読あり)
  68. Tanaka C, Tanaka M, Inoue S, Okuda M, Tanaka S.: Gender differences in physical activity and sedentary behavior of Japanese primary school children during school cleaning time, morning recess and lunch recess. BMC Public Health. 19,985 (2019) https://doi.org/10.1186/s12889-019-7256-5(査読あり)
  69. Abe T, Kitayuguchi J, Okada S, Okuyama K, Gomi T, Kamada M, Ueta K, Nabika T, Tanaka C.: Prevalence and correlates of physical activity among children and adolescents: a cross-sectional population-based study of a rural city in Japan. J Epidemiol. doi: 10.2188/jea.JE20190047. [Epub ahead of print] (2019)(査読あり)

Ⅲ 総説・解説

以下、1件目は、旧姓:山村​

  1. 山村千晶, 田中茂穂, 柏﨑浩: 身体活動量に関する質問票の妥当性について, 栄養学雑誌, 60, 265-276(2002) (査読あり)
  2. 田中千晶: 子どもの身体活動量とエネルギー消費量, トレーニング科学, 20, 233-238(2008) (査読なし)
  3. 田中千晶, 田中茂穂: 加速度計と幼児の身体活動量評価, 臨床スポーツ医学, 26, 1079-1087(2009) (査読なし)
  4. 田中千晶:子どもの日常生活における身体活動評価の重要性, 日本公衆衛生雑誌, 56, 525-529(2009) (査読なし)
  5. 田中千晶, 田中茂穂: 子どもにおける身体活動量の評価. 体育の科学, 60, 389-395(2010) (査読なし)
  6. 田中千晶: 子どもの身体活動の環境要因, チャイルドヘルス, 14, 66-68(2011) (査読なし)
  7. 田中千晶: 幼児における身体活動量の現状と目標値. 体育の科学. 65, 247-252(2015)(査読なし)
  8. 田中千晶: 子どもにおける座位行動研究の動向. 体育の科学. 65, 556-560 (2015)(査読なし)
  9. 田中千晶:子どもの座位行動と健康・体力. 体育科教育. 65, 247-252(2015)(査読なし)
  10. 田中千晶:子どもの身体活動の促進に向けた “Active Healthy Kids Report Card”の役割. 健康づくり. 448, 22(2015)(査読なし)
  11. 田中千晶, 田中茂穂: 身体活動評価からみた発育発達研究の課題. 子どもと発育発達, 60, 118-128 (2016) (査読なし)
  12. 田中千晶: The 2016 Japan Report Card on Physical Activity for Children and Youthの概略. 体育の科学. 67, 148-153 (2017)(査読なし)
  13. 田中千晶:日本の子供における日常の身体活動およびその変動要因の国際比較に向けた評価法の確立.体力科学, 66, 235-244 (2017)(査読なし)
  14. 田中千晶: 身体活動の季節変動. 体育の科学. 68, 482-486 (2018)(査読なし)
  15. 田中千晶: 子ども・青少年における身体活動関連指標の国際比較研究. トレーニング科学. 30, 67-73 (2018)(査読なし)

Ⅳ 競争的資金

【科学研究費補助金】

  1. 科学研究費補助金 若手研究(B): 2005~2006年度, 生活環境による幼児の日常における身体活動量. 研究代表者
  2. 科学研究費補助金 若手研究(B): 2007~2008年度, 幼児の日常における身体活動量の変動要因. 研究代表者
  3. 科学研究費補助金 文部科研費 基盤研究(B): 2005~2007年度, 地域高齢者の「虚弱(frailty)」の特微、成因および予防法の解明. 研究分担者
  4. 科学研究費補助金 基盤研究(A): 2008~2011年度, エネルギー消費量の変動要因に関する基礎的研究. 研究分担者
  5. 科学研究費補助金 基盤研究(C): 2012~2014年度, 居住地域環境と家庭環境が小学生の日常の身体活動に及ぼす影響. 研究代表者
  6. 科学研究費補助金 基盤研究(A): 2012~2015年度, エネルギー代謝における個人内変動の要因および肥満との関連.  研究分担者
  7. 科学研究費補助金 基盤研究(C): 2015~2017年度, 加速度計を用いた小学生における日常の座位行動の評価法の確立および変動要因. 研究代表者
  8. 科学研究費補助金 基盤研究(A): 2016~2019年度(予定), エネルギーバランスの調節にかかわる生活習慣および遺伝的要因の探索. 研究分担者
  9. 科学研究費補助金 基盤研究(C): 2018~2020年度 (予定), 幼児の身体活動に影響する家庭環境と居住地域環境に関する包括的研究. 研究代表者
  10. 科学研究費補助金 基盤研究(B): 2018~2020年度(予定), 全国大規模調査による思春期小児の身体活動・生活習慣と睡眠の検討. 研究分担者
  11. 科学研究費補助金 基盤研究(C): 2019~2021年度(予定),幼児における客観的評価に基づいた身体活動促進と座位行動抑制方策の構築. 研究分担者
  12. 科学研究費補助金 基盤研究(C): 2019~2022年度(予定), 幼児期から児童期の子供の身体活動量、座位行動と認知・非認知機能に関する縦断研究. 研究分担者

【科学研究費補助金以外の研究費】

  1. 上月スポーツ・教育財団 第7回(2009年度)スポーツ研究助成事業. 幼児期における民間スポーツクラブでのスポーツの実施と日常の身体活動量および体力との関連, 2009年1月1日~2010年12月31日, 研究代表者 
  2. (財)明治安田厚生事業団 第26回(平成21年度)健康医科学研究助成. 2010年3月15日~11月12日, 勤労者における身体活動支援環境に関する研究. 研究代表者 
  3. 2010~2011年度 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業: 温泉利用が健康増進に与える効果及び安全性に関する研究-健康増進プログラムによる日常活動量への影響.  研究分担者
  4. 2010年スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム. 2010年10月1日~2011年9月30日, 総合型地域スポーツクラブにおける幼児・学童およびその保護者の日常の身体活動量とコミュニティスポーツとの関係. 研究代表者
  5. 2011~2013年度 厚生労働科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業認知機能低下高齢者への自立支援機器を用いた地域包括的システムの開発と評価. 研究分担者
  6. 2011年度 財団法人ミズノスポーツ振興財団助成金. 平成23年度, 夏休みにはじまる小児肥満防止に水泳は有効か? 研究代表者
  7. 2011年スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム. 2011年10月1日~2012年9月30日, 子育て世代に対する総合型地域スポーツクラブにおけるコミュニティスポーツの普及と活力ある街づくりに向けた研究. 研究代表者
  8. 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団平成23年度調査研究助成金. 2011年12月~2012年11月, 歩数計の機種の違いによって生じる歩数のずれを換算するシステムの開発. 研究分担者
  9. 一般財団法人カワイサウンド技術・音楽振興財団研究助成 平成24年度 第2回音楽振興部門. 2012年 6月11日~2013年 3月31日, 音楽を学ぶ幼児の体力や日常の身体活動量は高いか? 研究代表者
  10. 日本体力医学会プロジェクト研究 平成24年度~26年度 質問紙で評価した身体活動ガイドライン達成者の活動レベルを加速度計で評価する. 共同研究者
  11. 2013年度笹川スポーツ研究助成 一般研究 子ども・青少年スポーツの振興に関する研究, 2013年 4月1日~2014年 2月28日, 幼児期運動指針における目標身体活動量の充足状況と,その社会人口統計学的要因および運動習慣との関係. 研究代表者
  12. 日本体力医学会プロジェクト研究 平成27年度~29年度 日本の子どもにおける日常の身体活動の実態およびその変動要因の国際比較に向けた評価法の確立. 研究代表者
  13. 公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団 平成27年度助成研究 助成研究B 「人間と遊び」に関する研究に対する助成, 2016年 3月1日~2017年 2月28日,幼児の外遊びおよび室内遊びにおける身体活動強度. 研究代表者
  14. 公益財団法人 博報児童教育振興会 2016 年度 第 11 回 児童教育実践についての研究助成, 2016年 4月1日~2017年 3月31日, 小学校における体育授業は活動的な時間となっているか? 研究代表者
  15. 2016年度笹川スポーツ研究助成(一般研究)③子ども・青少年スポーツの振興に関する研究, 2016年4月1日から2017年2月28日, 中山間地域在住の幼児の運動習慣は長期に定着し、体力・運動能力の保持増進に寄与するか?共同研究者
  16. 平成28年度(第29回)中冨健康科学振興財団「研究助成金」課題番号5 運動を中心とした健康増進に関する研究 , 2017年4月1日から2018年3月31日, 「児童生徒の身体活動・運動の促進、体力向上と運動器の健康に資する地域間比較手法の開発 :体力・運動能力・運動習慣等調査及び学校保健統計データ等を活用して」. 研究代表者
  17. 2017年度笹川スポーツ研究助成(一般研究)③子ども・青少年スポーツの振興に関する研究, 2017年4月1日~2017年2月28日, 青少年のスポーツをはじめとする日常生活全般の身体活動質問紙の妥当性の検討. 研究代表者
  18. 平成29年度健康・体力づくり事業財団健康運動指導研究助成, 2017年 5月1日 ~2018年 3月31日,  地域における小中学生の身体活動・運動促進のための評価ツールの開発-全国体力・運動能力、運動習慣等調査データを活用した地域間比較-. 共同研究者
  19. 2019年度笹川スポーツ研究助成(一般研究)②子ども・青少年スポーツの振興 , 2019年4月1日から2020年2月28日,  幼児の24時間ガイドラインと運動機能および認知機能との関係. 研究代表者
  20. 2019 年度学内学術研究振興費(桜美林大学), 2019 年7月26 日から2020年2月29日,  大学生の体型と客観的に評価した日常の身体活動量と座位行動との関係. 研究代表者

Ⅴ 講師・講演

  1. 2019/07/17 身体活動量の定量法とその実際(健康運動指導士養成講習会)(TKPガーデンシティPREMIUM神保町)
  2. 2019/06/14 東京家政学院大学 運動生理学 特別講義.
  3. 2018/07/27 身体活動量の定量法とその実際(健康運動指導士養成講習会)(TKPガーデンシティPREMIUM神保町)
  4. 2018/01/21 「子供の健やかな成長と保護者が元気でいるために必要な心がけ」 ~身体活動(運動)と食生活の重要性~(都民公開講座)(帝京平成大学 池袋キャンパス)
  5. 2017/07/29 身体活動量の定量法とその実際(健康運動指導士養成講習会)(TKPガーデンシティPREMIUM神保町)
  6. 2017/12/19 子どもの身体活動促進に関する国際的な取り組み(平成29年度スポーツサイエンスコロキウム第二回特別講演会)(山梨大学総合研究部教育学域)
  7. 2017/12/24 身体活動量の定量法とその実際(健康運動指導士養成講習会)(TKPガーデンシティPREMIUM神保町)
  8. 2017/01/19 身体活動量の定量法とその実際(健康運動指導士養成講習会)(TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原2階 ホール2A)
    7. 2016/09/19 身体活動量の定量法とその実際(健康運動指導士養成講習会)
  9. 2016/07/22 身体活動量の定量法とその実際(健康運動指導士養成講習会)(TKP市ヶ谷カンファレンスセンター)
  10. 2015/02/14 スポーツだけが重要なのか?~日常生活全般の身体活動に着目して~(練馬区立大泉第一小学校道徳授業地区公開講座)(練馬区立大泉第一小学校)
  11. 2013/02/28 健康づくりのための日常の身体活動量と生活習慣(コミュニティネット SSC大泉 文部科学省 スポーツコミュニティの形成促進: 健康体操教室)(大泉セミナーハウス)
  12. 2013/02/08 子どもの身体活動量(立命館大学スポーツ健康科学セミナー)(立命館大学 びわこ・くさつキャンパス)
  13. 2012/10/09 日常の身体活動量と生活習慣(一般財団法人 カワイサウンド技術・音楽振興財団平成24 年度 研究助成受賞者講演会)(東京, カワイ表参道)
  14. 2012/08/29 トップアスリートを目指す幼少年期の指導について(東京都ジュニア育成地域推進事業 一般財団法人多摩市体育協会指導者研修会)(多摩市総合体育館)
  15. 2011/11/28 健康づくりのための身体活動増加に必要な基礎知識~運動と食習慣の必要性~(コミュニティネット SSC大泉 文部科学省 スポーツコミュニティの形成促進: 脳トレリフレッシュ教室)(大泉学園町体育館
  16. 2011/02/17 がんばる力を育てる生活習慣 -子どもたちの身体活動量調査を通して-(江東区立亀高小学校 「学校保健委員会」)
  17. 2010/12/18 元気な子供を育てる食生活習慣(大泉学園子供チャレンジスポーツ教室)(大泉学園町体育館)
  18. 2010/11/20 健康づくりのための身体活動増加に必要な基礎知識~小児の身体活動の特徴と評価法、および実態~(第4回やまぐち予防医学セミナー)(山口大学医学部)
  19. 2009/06~2010/03 首都圏西部大学単位互換協定会授業科目(総合講義)
  20. 2007/02 財団法人日本体育協会認定 平成18(2006)年度公認水泳コーチ研修会
  21. 2006/10 財団法人日本体育協会認定 平成18(2006)年度公認水泳コーチ研修会
  22. 2005/12 H17年度水泳コーチ養成講習会 トレーニング
  23. 2003/01 スポーツ・運動栄養学研究会講師
  24. 2002/05 平成14年度文部科学大臣公認水泳A級・B級コーチ研修会講師
  25. 2001/11 平成13年度文部科学大臣公認水泳A級・B級コーチ研修会